かつては「サラ金」と呼ばれていた貸金業者も、現在では「消費者金融」や「コンシューマーファイナンス」と呼ばれるのが一般的です。

消費者金融もテレビコマーシャルなどでイメージアップを図っており、昔ほどダークなイメージはありませんが、それでも消費者金融でキャッシングするのはどこか後ろめたいものです。

できれば誰にもばれずにキャッシングしたいものですが、よい方法はあるのでしょうか。


キャッシング申し込みはインターネットで

まず、申し込みの段階でばれる可能性があるのが、無人契約機や郵送、来店です。 ばれないようにするためには、インターネットを使った申込みにするといいでしょう。

インターネットでも自宅のパソコンではばれる可能性が若干ありますので、携帯電話やスマートフォンから申し込めればそれを使って申し込みましょう。


在籍確認はしない

次にばれる可能性があるのが、申し込みで入力した勤務先に勤務実態があるか、電話で確認をする在籍確認です。

会社名は出さずに電話するとはいえ、勘の鋭い人ならば気づいてしまいます。 できれば在籍確認をしない方法がいいのですが、申込時に健康保険証を提出しておけば、それをもって在籍確認が完了する場合もあります。


利用明細は郵送しない

実際にキャッシングしていると、利用明細が自宅に送られてくる可能性が高いですが、これもばれる要素。

利用明細は自宅に郵送せず、消費者金融のATMから利用明細を発行したり、WEB明細を利用したりするとばれにくくなります。

このページの先頭へ