年金生活者とはいえ、年金という収入がありますから消費者金融でカードローンの申込は可能です。特に、年金は2か月に1度の支給のため「つなぎ資金」が必要であることが多いです。年金という収入があるので、カードーンの利用ができるような気もします。


カードローンの申込条件である年齢はクリアしている?

しかし、ほとんどの消費者金融はカードローンの利用を69歳で打ち切っています。70歳を超えると利用ができなくなり、残っている残額を返済するだけになるのです。

銀行は更に打ち切り年限が早く、60歳から65歳がほとんどです。年金支給の開始が事実上65歳になっていることから、銀行で年金生活者がカードローンを利用することとは難しいと考えるべきです。

では、消費者金融はどうでしょうか。

年齢制限をクリアしても消費者金融の多くは、年金だけの収入だと申込を受け付けてくれないようです。他に働いていて収入があれば、その給料と年金収入を合算して審査をしてくれますが、年金だけだと収入はともかく働いていないという事で「本人の体調」がどうだろうかと言う不安もあるのかもしれません。

このように年金生活者でもカードローンの申込は可能ですが、年金収入しかない人の場合は、申込できる金融機関は限定されています。

銀行系カードローンでも、年齢制限が高くて年金収入だけでも申込が可能なレイクのようなケースもあります。大手消費者金融はケースバイケースです。WEBではっきりダメだと書いてあればいいのですが、そのような事は少ないので申込前に確認してみるといいでしょう。

このページの先頭へ