債務整理をすると必ずしもカードローンの審査に落ちてしまうわけじゃない

債務整理をすると、それが任意整理であってもブラックリストしての登録事由に該当するため、通常はカードローンに申し込むことができません。ただし、一部の消費者金融は昔から債務整理をした人に対しても貸付をしています。しかし、その場合でもカードローンの形式ではありません。

ただし、債務整理の方法によってはブラックリストに登録されない場合があります。 現在日本の信用情報機関は銀行系の全国銀行協会・信販系のCIC・消費者金融系のJICCの3つあります。相互に情報の共有はしていませんが、自己破産などのように官報に載る情報は各社ともに収集しています。

しかし、任意整理のように官報に載らなければ、相互に情報交換しないため一部の情報機関にしかブラックリストとして登録されないことになります。

全国銀行協会は、文字通り銀行しか加盟していません。しかし、CICやJICCは加盟している金融機関の性格が近く、両方に加盟している金融機関も少なくありません。つまり、CICとJICCは情報交換しているようなものだとか考えた方がいいです。

もし、銀行系カードローンの支払が滞り、任意整理をした場合は、その情報は全国銀行協会に登録されます。しかし、CICやJICCには登録されません。逆のことも言えるようで、消費者金融で任意整理をしても銀行協会には情報は伝達されません。

実際に審査に通るかどうかは別として、消費者金融やクレジットカードのリボ払いが支払えずに任意整理をしたとしても、銀行系カードローンの審査には響きません。ただし、銀行もクレジットカードをグループ内で発行していることがあり、その際はCICに加盟しているため任意整理の事実がバレる可能性はあります。

もっとも可能性を完全否定するわけではありませんが、現実問題として債務整理後はカードローンの申込は無理だと考えた方がいいでしょう。

このページの先頭へ