結論から言いますと派遣スタッフの人でもカードローンの審査は通ります。 もちろん公務員や正社員の人に比べると審査のハードルは高くなりますが、派遣スタッフの人でもある一定の条件さえクリアしていればカードローンの審査には合格します。


派遣スタッフの人がカードローンの審査に通る条件

1.今、働いている職場に最低でも1年以上勤めていること。出来れば2年以上が好ましいです。 ※勤続年数が長ければ長いほど審査には有利です。

2.過去にローンやクレジットで買い物などした時の返済履歴が綺麗な人。 ※過去にローンを組んでいて尚且つ、滞りなく完済した人は全くローンを組んだことのない人に比べて審査では優位です。

この人にお金を貸しても滞りなく返済してくれるという実績があるからです。 よく『私は今までローンを組んだことないから大丈夫』と自信満々に答える人が居ますがそれは反対です。

ローンを組んだことが無い人は滞りなく返済するかどうかもデータが存在しない為、わからないからです。

また、過去にローンの返済を遅れ遅れ支払っていたり途中で返済するのを止めてしまった人はまず審査には通りません。返済に対しての信用が全く出来ないからです。

3.年収が最低・200万円以上ある人。 ※基本的に借入額は年収の3分の1となっていますから年収が多ければ多いほど審査は通り易くなります。

4.カードローンの審査を受ける時には限度額(借りれるお金の上限)の設定をします。

いきなり100万円以上で設定してしまうと審査的にも厳しくなるので最初は限度額10万円~30万円くらいでカードを作ると良いでしょう。滞りなく返済すれば自然と信用がつきますから限度額増額は出来るようになります。 とにかく最初は信用作りが大切です。

5.金額に関わらず本人確認書類は必要です。運転免許証若しくは健康保険証は審査を受ける為には必須書類となっています。

このように最低限の条件さえクリアしていれば派遣スタッフでもカードローンの審査には合格します。自分の身の丈にあった借入金額を設定して審査に臨んでみて下さい。

このページの先頭へ