簡単に言いますとカードローンとは、クレジットカードとは異なり現金のみを借りるカードのことを言います。

つまりクレジットカードはキャッシング機能が付いているカードでは現金を借りることも出来ますしクレジットカードを利用して買い物も出来ますが、カードローンの場合はカードを使っての買い物は出来ません。

あくまでも現金だけしか借りれないと言うことです。

ここではカードローンの審査を受ける際に必要となる書類の説明を致します。

借りる金額に応じて必要な書類が異なりますのでご注意下さい。


金額に関係なく必ず必要となる書類

本人確認書類

※カードローンは本人以外の第三者では申込が出来ません。申込者と本人が間違いないことを確認する為の書類のことを言います。

本人確認書類には以下のものがあります。

・運転免許証(更新期限内のもの)
・パスポート
・健康保険証(出来れば社会保険証が望ましい)
・印鑑証明書
・住民票(住民基本台帳カードも含む)
・外国人登録証明書
・特別永住者証明書
・在留カード

基本的には準備し易い運転免許証若しくは健康保険証の写しで審査は可能ですが、記載されている住所と現住所が異なる場合などには住民票の写しが必要となります。 又、カード会社によっては運転免許証以外にもう一点提出を求められる場合がありますのでご注意下さい。

カードローンの利用限度額が50万円以上の場合や現在、他社で利用しているキャッシングやローンなどがある場合には本人確認書類とは別に収入を証明する書類の提出を求められる場合があります。


高額融資を希望する場合に必要な書類

収入を証明する書類

収入を証明する書類には以下のものがあります。

1.源泉徴収票
2.所得証明書
3.最も近い連続した3ヶ月間の給与明細書
4.住民税決定通知書
5.課税証明書
6.納税証明書

一般企業に勤めていらっしゃる人は、1~3。自営業の人などは4~6となります。 50万円以下でも提出を求められた場合はそれに従わなくてはいけません。間違っても収入を誤魔化したりすると犯罪となってしまうのでご注意下さい。

このページの先頭へ