世の中にはブラックでも貸付をしてくれる消費者金融が?

一般論ですが、ブラックリストに載ってしまう事態になると消費者金融も信販会社も銀行も相手にしてくれなくなります。自己破産などの法的な債務整理をすると7年間から10年間そのデータは信用情報機関に残ります。

ブラックリストとは信用情報機関に債務整理や支払遅延のデータが登録されることを言います。カードローンなどの申込をすると、信用情報機関に必ず照会がされますが、ブラックリストに該当するデータがあると審査さえしてもらえないのです。

しかし、世の中にはブラックリストに載っていても貸付をしてくれる消費者金融が、一部ながら存在します。もっとも審査は非常に厳しいです。この手の消費者金融は、昔からブラックリストに載った人に対して貸付を続けており、ネットなどで検索すれば名前を見ることが多い「有名業者」です。

もともとブラックリストに載った人に対して融資などを拒否するのは、支払遅延等をした人は貸付をしても返済をしてくれない可能性が高いと考えられているためです。しかし、債務整理に追い込まれた人の中には、自分自身の責任ではなく人の借金に巻き込まれたような人も少なくありません。

ブラックの人に貸付をしている消費者金融は、申込者に直接電話などで話をすることで直接審査をします。昔からの「勘」で審査をするわけですから、担当者ごとに「審査基準」にはばらつきがあります。しかし、ブラックリストになったいきさつから「大丈夫」だと判断すれば融資をしてくれるのです。

このページの先頭へ