一定の収入に対して毎月の出費が異なる場合に、キャッシングは便利に活用できるものです。余裕のある時に返済することで柔軟な収支計画を立てることが可能となります。 例えば急な入院が必要になった時に、手持ちが無いような場合にキャッシングは役に立ちます。必要が生じた時にすぐに申し込みをすることができるのも助かります。


審査に必要となる書類は?

お金を借りる場合に必要なことは、返済する能力があるということです。そこで用意する書類としては、身分証明と収入証明ということになります。

ただし、大抵のキャッシングサービスでは借り入れ限度額が50万円以下の場合には収入証明を不要としています。身分証明として求められる書類としては、運転免許証やパスポート、健康保険証などがあります。

顔写真がある運転免許証やパスポートは、本人確認としては信用度が高いものとなります。一方で保険証は勤務先や職種などもわかることで、やはり高い信用を得ることができます。


収入証明が必要となる時は?

借り入れ限度額が50万円を超える場合には、安定した収入があることを証明する必要があります。有効となるものとして、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書や所得証明書などとなります。

注意点として、他の業者からの借り入れがすでに50万円を超えている場合には、これから審査を受けるキャッシングサービスの限度額が50万円でも収入証明書が必要となります。また、身分証明として住民票はほとんどの業者で認められていないことも注意が必要です。

このページの先頭へ