キャッシングやカードローンは、計画的に利用すれば役立つ優れものです。けれども、返済が負担になるほどに借り入れが増えてしまうと、その管理も大変になります。返済日が異なることも理由のひとつですし、また金利負担も増加してきます。そこで検討したいのがおまとめローンです。


おまとめローンの金利とは?

おまとめローンが誕生したのは、2010年に改正貸金業法の施行によって借り入れの総量規制がなされるようになったことがきっかけです。複数社からの借り入れが限度額に達して、返済のための新たな借り入れができなくなったわけです。おまとめローンは顧客に有利な借り換えとして、総量規制の対象から外されているのです。その具体的な金利は、消費者金融で15?18%、銀行のカードローンで14?15%となります。


おまとめローンの審査とは

おまとめローンは比較的、審査は厳しいものとなります。そもそも複数のカード会社から借り入れがあるために、支払い不能となるリスクが高いことが理由となります。

審査に通る条件として、まずどれかひとつでも返済が3ヶ月以上遅れている、あるいは何度も返済が遅れるようなことが無いということです。

また、現在の会社での勤務年数が最低1年以上はあることも必要です。また、何社から借り入れがあるかも大事な要素となります。

たとえ借り入れ金額が大きくても、1社からの借り入れなら計画があってのものと判断されることもあります。けれども多くの業者から借り入れをしている場合には返済に困っての結果と判断されることにもつながるからです。

このページの先頭へ