貸金業法の改正により、キャッシングなどでの借り入れは総量規制が適用されることになりました。具体的には年収の3分の1までが借り入れ可能となったわけです。一方で専業主婦主婦の場合には収入が無いために、通常ではキャッシングは難しいものとなります。そんな中でも、カードを作ることが可能なケースがあります。


銀行のカードローンを利用する

銀行の場合には、この総量規制の対象とはならないので、専業主婦であってもカードを作ることができます。もちろん銀行によって条件は異なりますが、口座を持っていれば審査無しでもキャッシングができるケースもあります。

例えばみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行は、限度額は30万円までですがすぐにでもカードを作ることができます。ただし金利は最高利率が適用されることになります。楽天銀行は50万円まで、東京スター銀行は90万円までなどとなります。


配偶者貸付を利用する

専業主婦ということで収入が無くても、配偶者である夫との借り入れ総額が年収の3分の1まで借り入れが行える、配偶者貸付という例外が設けられています。

ただし大手の消費者金融では対応していませんので、ごく一部の業者を利用することになります。例えばベルーナノーティスは通販大手のベルーナが提供する女性専用のキャッシングサービスです。

100万円まで借り入れが可能です。他にもレディースフタバやレディースキャッシング「エレガンス」などが対応しています。

このページの先頭へ