キャッシングの申し込みを行う際の審査において、借り入れ審査における職場への在籍確認は必須と言えます。収入があることを確認するために必要な作業となるわけですが、特に銀行系のキャッシングの場合には不可避とみてよいでしょう。

それでも会社には知られたくないという事情がある人もいます。そのような場合には、どうすれば良いのでしょうか。


在籍確認を避ける方法

キャッシングは限度額が50万円までは収入証明は不要です。その代わりに会社へ確認の電話を入れるわけです。つまり逆に、収入の確認が取れるのであれば、そのような電話は不要となるわけです。

例えばアイフルの場合、申し込み者に電話確認があった時点で、電話以外の方法で在籍確認をして欲しいと告げます。そして保険証と共に直近2ヶ月分の給与明細を提出することで、在籍確認とすることができます。

モビットの場合には、WEBで申し込むのであれば、必要書類を提出することで電話確認はありません。まず本人確認ができる運転免許証や保険証、そして源泉徴収票の写しがあれば大丈夫です。

源泉徴収票が無ければ、役所で課税証明書か、あるいは給与明細書2ヶ月分で審査は通ることになります。

また、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などは口座さえあれば、WEB完結申込という形でキャッシングすることができます。このように、職場への電話連絡を受けることなくキャッシングを利用する手段は幾つもあります。

また、銀行キャッシングでフリーローンという形でも、職場への確認無しに借り入れを行うことは可能です。

このページの先頭へ