カードローンの審査で聞かれることは?

カードローンに申し込むと審査がありますが、その際にカードローン会社のスタッフからいろいろと質問されることがあります。具体的にどのようなことを質問されるのでしょうか。


個人の情報

一番最初に聞かれるのが、氏名や生年月日などの個人に関する情報です。 これらの質問は審査というよりも、電話で応対している人物か本人かどうかを確認するための質問といってもいいでしょう。

これら以外に聞かれる個人の情報としては、家族構成があります。 「結婚子供あり」よりも「親と同居していて独身」の人の方が自由に使えるお金が多いので、審査では有利に働きます。 これとあわせて、居住形態も質問される場合があり、賃貸アパートよりも持ち家の方が夜逃げのリスクが少ないため、審査には有利となります。


借入について

これは申し込みの際にも必ず記入する項目ですが、借入についての質問も行なわれます。

まず、カードローンで借りたお金を何に使うのかの質問ですが、生活費や交際費ならばほぼOKです。

しかし、ギャンブルや他社の借金の借換ですとNGな場合が多く、消費者金融では事業目的の借入はほぼ認められません。 他社からの借入件数と総額も聞かれます。


勤務先について

そして、返済の当てとなる勤務先はカードローン会社が最も知りたい項目ですので、他の項目よりも詳細に質問してくるでしょう。

実際に自分の勤務先のことを知り尽くしている人はあまりいませんので、これを機に「四季報」などで勤務先の情報を収集しておくといいでしょう。

このページの先頭へ